白河小峰城に伝わる逸話・おとめ桜に関して

今回は福島県にあるお城、小峰城で過去に起こった話を紹介します。
今回は福島県にあるお城、小峰城で過去に起こった話を紹介します。
白河小峰城は昔、松平定信が住んでいた歴史があります。その小峰城の建設は思うように進まず難航し、工事に携わった人々は人柱を必要としました。人柱にはその日最初に建設中である城の内部に入った乙女とすることに決めます。そして、やってきたのは藩士・和知平左衛門の娘である『おとめ』だった。平左衛門は『おとめ』が城に近づく姿を見て、必死に来させないよう抵抗しました。来るな、来るなと手で合図をする平左衛門に対して、呼ばれていると勘違いした『おとめ』は城に近づいていきます。そしてついに『おとめ』は城内に入ってしまい、人柱とされてしまいました。『おとめ』が人柱となったその後の作業は無事に完成へと向かいます。やがて『おとめ』の人柱の周辺桜の木が生えました。人々はこれを『おとめ桜』と呼び、彼女の死を偲んだのでした。