仕事中にぎっくり腰になるなんて思わなかった。

仕事中にぎっくり腰になってしまいました。今回初めてぎっくり腰なったのですが、名前だけは知っていました。すごく痛いとか、何回もなる人がいることは知っていましたがまさか自分がなるとは思いませんでした。それも、私は肩こりは酷くても腰痛は全くありませんでした。仕事中に電話がかかってきました。それも自分の電話ではなく目の前の人の電話がなったのです。ちょうど目の前の人は席空きだったので私が立ち上がり中腰で電話を取りました。その時に体の中で腰がグキッといったような気がしました。それから激痛が走りました。もう痛くて仕方なかったのです。電話は他の人が取っていたので、受話器を戻そうとしても痛くてできませんでした。私の隣の人が私の異変を感じてくれて、受話器を戻してくれました。その日は痛くて早退して病院に行きました。しかし、ぎっくり腰は病院に行ったからといってすぐに治るわけではありません。痛み止めと湿布をもらって帰りました。痛みが取れるまで一週間はかかりました。まさかあの一瞬でぎっくり腰になりこんなに痛いとは思ってもいませんでした。

休日に夫婦2人の時間でDVD鑑賞すること

今は、産休中で1日、家にいますが、産休に入る前は、9時から17時まで仕事してそこから子供を迎えに行って、家事して旦那が日勤なら、帰ってきてみんなで夕飯を食べて寝る。これが夜勤なら、旦那と会うのは、朝のみでした。なので、毎週、土曜日と日曜日は、子供が寝た後に静かにしながらもこっそりと旦那と2人の時間ということで、DVDをお笑いから、ドラマ、映画と借りてきて見るのが私の趣味になってます。DVDを見てる時、何も考えずに見て、旦那とワイワイ出来るのが、何よりのストレス発散になっています。最近は、ちょっとお金の面で使いすぎたので、友達からDVDを借りて旦那と休日の夜中に見たりなんかしてます。贅沢は、なかなか出来ないし、外にもなかなか出れないけど、こうやって夫婦が仲良く過ごすのが何より楽しいので、2人目が産まれても夜中、静かにDVD鑑賞出来たらいいなぁと思ってます。

今は、また夜勤の週なので早く日勤の週になって、2人で見たいです。http://www.poieodesign.co/

新聞記事を読んで、G最悪12連敗、阿部「情けない」、好機に不発遠い1点。

西武に2連敗したジャイアンツ、常勝巨人の面影が段々薄くなっきた、とは流石に読売新聞は書いてはいないが、ファンを代表してもう少し厳しい記事を書いて欲しい。阿部のチャンスに打てなかった時の「しまった!」という表情の写真がすべてを物語っているように思えるが、実は1人の打者の打ち損じただけの写真にしか思えない、と思うのは自分だけであろうか。坂本・阿部・長野の試合に負けたのは自分たちの力の無さ、という反省文が大半を占めている記事の内容に違和感を覚える。プロ野球チームが同じプロ野球チームを相手に12連敗した。これを異常な成績と見るか、試合は時の運、どちらかが勝って、どちらかが負ける、では済まされない。勝利を祈って球場へ足を運び、小遣いでチケットを購入して観戦しながら応援をする。球場に行けなくてテレビを見ながら応援をするファンもその数百倍はいる。主力選手の反省は表情を見れば分かる。分からないのは監督コーチを任された首脳陣である。打たれても、打ち損ねても、まるで他人事のように笑みを浮かべているコーチもいた。毎回問題にして申し訳ないが、特に村田ヘッドコーチの存在が見えてこない。最近は高橋監督が孤立しているようで気の毒にもなる。これ以上、連敗が続けば、休養宣告も覚悟しなければならない。思い切って、首脳陣の総入れ替えも考えてみてはどうだろうか。選手は、開幕当初のメンバーに出来るだけ戻してはどうだろうか。ここまで落ちぶれると、素人は余計な事を考えてしまう。

ストレス解消に運動不足解消にリウマチの関節痛緩和にピラティス

7年前ピラティスを始めました。10年間金融機関で毎日パソコンを見つめる日々。週末休んでも疲れが取れず、運動不足もたたって少しずつサイズも大きめに。そんな中、鍼灸の先生に勧められて始めたピラティス。毎回クラスが終わる度に、身体がスッキリし、長年患っていたリウマチの関節痛も少しずつ和らいでいきました。こんなに変わると思っていませんでしたが、現在では週に2回のプライベートレッスン、毎日家でも簡単なマットピラティスだけやるようになりました。気軽に始めたピラティスですが、この爽快感にドップリはまり、一年前からインストラクターのコースを取るまでになりました。始めるまでは考えもしなかった呼吸の大切さ、全身が繋がることの重要性を実感しています。リウマチに限って言うと、ほぼ完治が望めず、薬で症状を緩和し寛解を目指すことに尽きます。まだ3、40代で身体が思うように動かないというのは大変なストレスです。ピラティスはそんな中、気持ちに大きな余裕を与えてくれました。今後もコツコツ続けていきたいと思います。

3Dプリンタの出現で中小零細・個人事業者にもビジネスチャンス到来

先日,仕事の関係で県の産業支援センターの相談員と話をして,工業デザイナーの話題になりました。
あまりわからないジャンルの仕事なので興味深く聞いていたところ,デザイナーさんと顧客のやり取りは形状の確認や図面などほとんどパソコン上で行われるらしく,どうしても見本が欲しい人には3Dプリンタでサンプルを作って渡すそうです。3次元で作るサンプルは本物と同じ形状になりリアリティがあります。
その3Dプリンタも今は50万円程で買えるらしく,本当に便利になったものです。
私の知人もツメが欠けた樹脂の部品を県工業技術センターに持ち込み,3Dプリンタで同等の物を作ってもらったと話していました。
悪用すれば武器まで作られるという懸念もあった3Dプリンタですが,上手に利用すればとても便利な機械ですね。
以前なら試作や小ロットの生産は作ってもらえる企業が限定されていたものですが,3Dプリンタの出現で中小零細企業や個人事業者は力強い味方を得たようです。

北九州監禁殺人事件の現場ってまだそのままあるんですね

私は全く知らなかったのですが、2000年代に北九州監禁殺人事件というのがあったんですね。
テレビでやっていたのですが、自分の家族などを含め7人も殺してしまうという酷い事件でした。
殺したのは男らしいのですが、女も殺人に加担したということで、遺体を解体して鍋で煮ていたりしたそうです。
あまりにも猟奇的過ぎる殺人事件ですね。
その時捜査した警察官も精神的にやられてしまったのではないかと思われます。
この現場となったアパートは今は解体されて駐車場にもなってるのではないかと思ったのですが、なんと今でも普通にそのまま残っているみたいです。
普通こういう悲惨な事件があった所と解体すると思うんですけどね。
1人殺されただけで更地になる場所もあるというのに7人も殺されておきながらそのままなんて恐ろしいことです。
今でも普通にそこに住んでいる人もいるそうですが気にならないのかどうかが疑問です。
私だったらそういう所に住みたいとは絶対に思わないです。

梅雨になると何故こんなに元気が出ないのか…

五月病から始まり、梅雨…というなかなか元気が出ない時期がやってまいりました。

私は4月の終わり頃から五月病がやってくるのですが…(笑)

梅雨ってそんなに嫌いじゃないです。

春の終わりを告げながら夏の匂いを運んできてくれる。

切ないような、昔を懐かしむような、

想いに耽ることが出来る天気だなぁと感じます。

こんな日に聴きたくなるのが 「失恋ソング」。

春や夏はハッピーオーラ全開な歌を聴きたくなりますが、

たまにはゆっくりしっとり失恋ソングに浸るのもいいものです。

個人的な失恋ソングベスト3を発表したいと思います。

第1位 … バラード / ケツメイシ

この曲は失恋というか、PVからして不倫ソングに近いと思います。

不倫の経験はないのですが(ーー;)ゆっくりとしたメロディーにケツメイシの甘い声がのって、心にとても染みる曲です。

歌詞の中に「部屋に残る君の香りが 寂しさを増す 君去った後には 」という部分が最初のAメロあたりであるのですが、堪らないですね…。

人間って何故か匂いをすごく覚えてるんですよね。

道端ですれ違った瞬間に

あ、懐かしい匂い

とか、よくあるのが

元彼の匂い…

って(笑)

好きな人が帰った後のベッドなんて思い出して寂しくなりますもんね。

第2位…MISSING/久保田利伸

個人的に久保田利伸さんの声がとても好きなのですが、
あの少し掠れた声で失恋バラードを歌われるとぐっときます(笑)

「ときめくだけの恋は何度もあるけれど こんなに切ないのは君が初めてなのさ」

何度もある方の恋の相手からしたら なんじゃそりゃ!って怒りたくなりますけど、やっぱり人間って 「初めて」という言葉に弱いのでしょうか?

第3位…楔/奥華子

奥華子さんといえば「時をかける少女」で有名ですよね。

私もそこから気になってよく聞くようになったのですが、他の曲も可愛らしい、切ない恋の歌が沢山あって、中でもこの「楔」はリアル…といいますか、思わず涙が出てしまいます。

「もう喧嘩する事も もうやきもち焼く事も
もう顔を見る事さえ出来なくなるの」

付き合ってる頃は喧嘩も沢山して、喧嘩なんてしたくない!ってなりますけど、別れてしまうとそれすら愛おしくなるんですよね。

他にも紹介したい曲は沢山有るのですがキリがなくなってしまうので…

気分が上がらない日は思いっきり浸るのもいいです。

そして次の日、明るく元気に過ごせたらいいですね。

休日はおしゃれに映画鑑賞で一日楽しみます

私の趣味は映画鑑賞です。特に洋画が大好きです。昔は映画にまるで興味がありませんでしたが、洋画好きな親の影響で今では趣味とまでなりました。そのなかでもアクションやミステリー系の洋画がお気に入りです。アクションは見終わった後にすっきりしますし、ミステリーの謎が解けた瞬間の爽快感たまりません!観る場所は特にこだわっていません。映画館でも家でもどちらでも観ます。最新作は主に映画館にはなりますが、昔見たやつをもう一度見たい時も度々あるので、DVDを借りて家でみることも。またシリーズものの時は最新作から見て、一作目から順に観るということよくあります。最近だとワイルドスピードがそうです。最新作をみて面白かったので一作目から観る。すると最新作で出てきたこれはこの時に出てきた人か!となるのでそれもまた楽しいです。私は主に英語のものしか見ないため、耳が鍛えられてきたのか劇中の英語を少しずつ聞き取れるようになってきて英語の勉強にもなっています(笑)一石二鳥でこれからも映画鑑賞を楽しんで行きたいと思います。

難しいけど完成するとめっちゃ嬉しいこぎん刺し

初めはお店でキットを買ってみました。小さなコースターだったのですが、図面を見てひと針ひと針さしてみました。でもうまく模様がでてきませんでした。
こぎん糸の引っ張りが強かったり弱かったりで悲惨でした。難しいとは聞いたのですが、上手くいかず悔しくていくつも作っていくうちになんとなくコツがみえてきました。
最初はくるみボタンのヘアゴム、バンダナやコースター、クッションカバーの小物でしたが先日はトートバックを作りました。調べてみると図柄は古典的なものから北欧風のものまで沢山ある事がわかり、こぎん布の色や材質、糸の色で印象はかなり変わるので色んなテイストの作品が出来て面白いです。
まだまだ納得のいく作品出来ませんが、お友達に図柄を選んでもらいプレゼントするととても喜んでくれるので達成感と満足感でさらにやる気満々です。ゆくゆくはネットショプやフリマなどて販売できたらいいかなと思っています。
販売出来るようになるまでにはまだですが、楽しんで頑張ります。脱毛ラボ vio 形