いくら頭がよくても、芸術の才能とは別の能力である。

IQが高かったり、頭が良かったりすると芸術分野でもそうとういい作品が作れる・・・と思いがちであるが必ずしもそうもならないというのが本当のところのようだ。
例えば、あれだけ頭のいい人がこんな下手な絵を描くのかといったことや、あんな俳句を作るのかという驚きにも似たようなことを覚えることがある。
もちろん、基本的に芸術要素のない私などは別段頭がいいという事は全く考えてもいないしそんな大胆なことは言えやしない。だがしかし、頭の回転は人並みにあると思うのだが、芸術にかんしては人並み以下で、良い作品を生み出すどころか絵を書けば、人間だか動物だか悪くすると化け物のように見えるものしか書けないわけで、なさけないったらありゃしない。
例えば、言語とか算数とか国語であればある程度訓練しなくても日常に使っているだけで、それなりに使えるようになるのだが、努力して字はうまくならないし絵を描くことは一向にうまくならないんだよな。視力回復センター 効果

白河小峰城に伝わる逸話・おとめ桜に関して

今回は福島県にあるお城、小峰城で過去に起こった話を紹介します。
今回は福島県にあるお城、小峰城で過去に起こった話を紹介します。
白河小峰城は昔、松平定信が住んでいた歴史があります。その小峰城の建設は思うように進まず難航し、工事に携わった人々は人柱を必要としました。人柱にはその日最初に建設中である城の内部に入った乙女とすることに決めます。そして、やってきたのは藩士・和知平左衛門の娘である『おとめ』だった。平左衛門は『おとめ』が城に近づく姿を見て、必死に来させないよう抵抗しました。来るな、来るなと手で合図をする平左衛門に対して、呼ばれていると勘違いした『おとめ』は城に近づいていきます。そしてついに『おとめ』は城内に入ってしまい、人柱とされてしまいました。『おとめ』が人柱となったその後の作業は無事に完成へと向かいます。やがて『おとめ』の人柱の周辺桜の木が生えました。人々はこれを『おとめ桜』と呼び、彼女の死を偲んだのでした。