したい事も分からなくて、する事も出来なくて。時間を持て余していた日々。

高校生の頃、兎に角バイトがしたくてたまりませんでした。自分でお金を稼ぎたかったのです。しかし、今みたいにバイトのネット情報もなく、情報誌は買わないといけない時代でした。

店先に張り紙はあるのを遠目で確認し、電話番号をメモしてから電話を掛け、ようやく面接をするという事が殆どでした。目も悪かったので、普段かけない眼鏡をかけてバイトを探していました。辛うじて出来たのは郵便局の仕分けのバイトです。その募集がポスティングで入ってきたからです。

他にも日曜日に新聞に挟まってくる求人を見て、高校生可能の所に応募していました。ようやく平日も働く事ができるバイトに合格したのは友人の紹介で5駅程遠くのケーキ屋さんでした。

もし、あの頃、今の様にネットでバイトの検索もでき、高校生OKが沢山あったならばどんどん働きに行きたいと思っていたと思います。

ただ、電話する事にかなり緊張して前に進めない性格だったので一週間に一件がマックスだったかもしれません。部活にも入っていなかったし、本当に無趣味だったので、暇すぎて良く寝ていました。

あの頃が一番時間を持て余していたかなと思います。アリシアクリニック 顔脱毛

火事のニュースを相次いで見て切ない気持ちになりました

最近火事が相次いでいるそうです。

今年はいつも以上に火災のニュースを見ることが多いような気もします。

さきほど見たニュースでは新潟の5人家族のうち4人が亡くなり19歳の次女だけが二階から飛び降りて生き延びたというものです。

家族全員を失ってしまって次女さんだけが1人残されてしまって、搬送先の病院でみんな亡くなったと知らされたら本当に悲しくて精神状態が崩壊してしまうだろうなと心配になってしまいました。

ただ、この家から出火して隣の家まで焼いたそうです。

家族の誰かが原因で出火してしまったということなので、それも考えると複雑でしょう。

また、青森でも火災で家族全員が亡くなったそうです。

1人は病院で手当を受けたものの、その後亡くなってしまったということで悲しいです。

夜中の火災とのことですが、やはり青森県だから寒いでしょうし、深夜でも暖房器具をずっと付けていたということなのでしょうかね。

火事は大切な物も人の命も全部奪ってしまいます。

どんなに寒くても1人1人が火事にならないように気を付けなければいけないと火事のニュースを見ると考えさせられます。ミュゼ 永久脱毛

どこまで本気なのか、まずは自分を試すように

自分で自分のことをこう言うのも恥ずかしいのですが、私はとても忍耐力がありません。

日常的にいろいろなことに興味が湧くのですが、自分としては、決して飽きっぽい性格だとは思っていません。

でも、興味のあることをしているうちに辛いことや苦しいこと、解決や克服するのに時間がかかりそうなことがあると、「じゃあ、いいや」と考えてしまうことが多いのではないかと思っています。

思い返してみれば、小さな頃にやっていたスイミングやピアノなどの習い事は、そういう理由で諦めていたような気がします。

練習するのがいやだとか、そういうわけではないのですが、練習してできるようになるイメージや実感がないと、簡単に興味を失ってしまうみたいなんですよね。

でも、そういう性格を変えるような出来事がいままでにあったわけではなく、いまでもそういう部分があるような気がします。

なので、最近では、興味が湧いたものに手を出す前に、まずは我慢をして本気度を確かめるようにしています。

我慢している間に興味を失ってしまうのか、それとも、渇望感に居ても立ってもいられなくなるのかということをバロメーターにしています。ミュゼ スマホ

多忙を悪者にするけれど問題は愛情があるかないかです

歌手の大塚愛さんが、離婚を発表した時に、幸せな日もあったが、耐えがたい日もあったという正直なコメントをされていましたよね。
私は、そのコメントを見て、「離婚するから、耐えがたい日があったに決まっているよね。」と大塚さんに心を寄せて頷きました。

世間に何から何まで離婚の理由を話す必要はないけれど、だからといって、多忙によるすれ違いが理由とか言うのはなしだと思っています。
多忙であっても暇であっても、夫婦に愛情がなければ離婚だし、愛情があればどんなことも乗り越えられます。

最近では、女優と俳優カップルの檀れいさんと及川光博さんが、離婚理由を多忙としていました。
それから元フィギュアの男子選手だった小塚崇彦さんと女子アナの別居も多忙によるすれ違いだそうです。

なんか「多忙」がいつも悪者にされて気の毒にすら感じてしまう私です。
うちの夫もめっちゃ多忙ですが、私たちは別居もしてなければ、離婚の予定もないです。
それはお互いに愛情があるからです。
離婚理由はやっぱり、「お互いに愛情がないから」でいいのではないかなあと思いました。https://www.poieodesign.co/doniti-sokujitsu.html

日貸の予約システムで駐車場予約をしてみました。

もうすぐ娘の幼稚園の音楽発表会があります。会場はなんと市民会館と言うことで、毎年駐車場の争奪戦が激しいと言う噂です。インターネットで駐車場を探していたら予約制で日貸をしているサイトを見つけました。そういう新しいシステムに手を出すのはオバちゃんとしてはちょっと勇気がいるんです。登録するとか抵抗を感じますしね。でも何やら役員の仕事も任されているので遅刻する訳にもいかず、何より娘がちょっと幼稚園に行くのが嫌になる程毎日しつこく練習をしているので親としても張り切ってあげたいじゃないですか。予約開始の0時を回った瞬間にポチっとして5分後には予約でいっぱいになっていました。なんと私は駐車番号1番さんです。こんな事でも何となく一番乗り出来たと言うのは気持ちの良いものですね。オバちゃんなめるなよってなもんです。世の中どんどん便利になっていくのですが、歳を重ねるとだんだんチャレンジ精神がなくなってきて、便利なものを避けてしまうんですよね。失敗する事も増えてくるんでしょうけど気持ちだけは若くいたいものです。アリシアクリニック スムース

歌が上手で何度もエトワールに抜擢されている芽吹幸奈さん

2004年に宝塚歌劇団に90期生として入団した芽吹幸奈さん。初舞台公演は、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』でした。首席で入団しました。2011年から宝塚歌劇の専門番組であるTAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・ナビゲーターズを2年間務めました。
花組に配属になり、2006年『ファントム』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、ファントム(エリック)の母親のベラドーヴァに選ばれました。2011年全国ツアー公演『ル・ポァゾン 愛の媚薬�U』の最後のパレードで一番最初に歌う歌手エトワールに初めて選ばれました。
2013年『オーシャンズ11』では、物語を歌で綴っていく3ジュエルズの1人であるルビーを演じました。2014年『エリザベート−愛と死の輪舞−』では、皇太后ゾフィ—に付き従うリヒテンシュタイン伯爵夫人を演じました。2015年『宝塚幻想曲』、2016年『ME AND MY GIRL』でもエトワールを務めました。
2018年『ポーの一族』では、原作である漫画には登場しないオリジナルの役である霊能者ブラヴァツキーを演じました。kireimo

名前からしてなんか凄そう、使ってあるメモリーオイル

パーフェクトジョブですか〜。昨日、届いたメモリーオイル。4つのメモリーオイルのブレンドがチャームに入ってましたが、もらった説明書きには「パーフェクトジョブ」というメモリーオイルも使われているとのことでした。なんでもメッセージは「新しい職場や仕事へのチャンスのドアを開ける、やりがいのある仕事を見つける」だそうです。名前からして、パーフェクトは完璧の意味なのでなんか良さそうだなぁと嬉しくなりました。最近、大好きなヒーリング楽器での活動をしているのでもっと広がって行けたらいいなぁ。金運に関するメモリーオイルもあるようなのですが、わたしの作ってもらったオイルにはありませんでした。でも、やりたいことをやっていって、それに共鳴してくれる方との縁が繋がればお金は後から付いてくると思うんですよね。豊かさって循環するのできっと大丈夫だと思います。作ってもらったオイルはペンダントトップに出来るようにしてくれていたので出かける時は身に付けていようと思っています。産後 体型戻し ベルタ

ブロックチェーンはどんなようなものであるのか

ブロックチェーンというのはとても重要なものになってきていますがこれは一体何を記録しているのかということになりますが、誰がどのような形でアクセスをして変えたのかあるいは変えなかったのかということを全て記録しているということになります。大まかな仕組みとしてあるのは例えば銀行の口座のようにお金の動きを一覧のようにして記録する仕組みではなく、ウォレットアドレスと呼ばれる仕組みを作るお金の宛先になる点だけを記録しておくということによって情報を器としてではなく、権利として確定させているということもあるわけです。こうすることによって記録という形によってデータの保証ができるようになります。これができるのかどうか、ということによって電子の書類などにも信憑性というのが付与できるようになります。はっきりいってかなり容量を使うことになるのですが、それでも今はコンピュータの処理速度なども高まっていますし、容量も増えていますから問題はなくなっています。http://www.foosquare.com/

家事のなかでお皿洗いが一番嫌いしくじった私

お皿が溜まっている。お皿を洗わないといけない。今日は夫がカレーライスと揚げ物をしたから洗い物が沢山ある。憂鬱だ。一週間に一度ぐらいいきなり料理をしだす夫。作っても洗い物はしたことない。確かに毎日仕事と料理洗濯掃除やってる私は自分の仕事が減って嬉しい。嬉しいけどーどうせならお皿洗いもしてくれると本当に嬉しく感謝感激なんだけどなあ。私の贅沢な悩みでしょうか。休日も女が家事をするのが当たりまえなの?給料私の方が多いから支払っている金額も私の方が多いのに。なんだかねえ。一人暮らしの時は家事は自分の事だけでよかった。今は倍以上家事をしなきゃいけない気持ちになっている。独身万歳!私はしくじった、たぶん。お皿洗いぐらいでそんなに思いつめてどーするとお叱りを受けそう(笑)ああもうこんな時間だ、ほんと嫌になっちゃうよ、この古くて狭いアパート自分だけの時間と部屋が欲しい。食べたらすぐ横になってTVつけながらスマホ動画をみる夫。ああやっぱりしくじったよ私。

特養老人ホームの母の様子について、良好な方向であると聞きました

今日は、午前中に母の入所する特養老人ホームに行って来ました。母は、先月の終わりに花見のドライブにも参加したということで良かったというところでした。写真も撮って貰い、上機嫌だったと聞き、安心しています。行事は毎月数回あるのですが、書道教室については見学ということになる様です(因みに今月は明日だそうです)。その他、コーラスの鑑賞もあるということで、私は母が行事に参加できる時は参加して貰って、毎日の生活を平穏に送って欲しいと思っています。帰りにも、事務所の前で介護の担当の方から話を聞いたのですが、具合については良いということで安心しています。こういった形で推移していくことが望ましいのですが、後期高齢者である以上、何らかの病気はあってもおかしくないという状況ですので、その点については注意して見ておく必要はあると思います。私としては、明るい感じの部屋で、母が他の入所者の方とも巧くやっている様なので、この状態が長く続くことを願いながら、毎日母の様子を見ていきたいと考えています。先程、お昼を摂りました。台所が広く使えて嬉しいのですが、調理がし易くなったこともあり、調理や後片付けがスムーズに進みます。昨日も、夕飯は牛肉ときのこの甘辛煮を作って食べたのですが、調理に掛かる時間については問題なく進んでいます。しかし、今日、ある病院のケースワーカーの女性と、近況を話した時に、先に述べたバーカウンター導入のことも話したのですが、調理がし易くなったことを話すと、変な顔をされ、態度がおかしく見えました。このケースワーカーについては、以前述べたある組織の者だったのですが、私に嫌な思いをさせた者でしたので、後で、他の者に、私のことをどういう様に言うのかが気になります。私は、状況を率直に述べているだけですので、台所が使い易いかどうかについては、私の家に来てみればハッキリします。私としては、母のことは良いのですが、私の件については気になることがあるので、そこが問題だと思います。