テレビの取材はやはり編集が上手だなぁと思いました。

昨日は前にテレビ局が私の会社に取材と撮影に来た時の物が放送されました。時間前からテレビの前で座っていたらなかなか入らなくて予定時間が過ぎてやっと映り、私の会社以外にも関係のある会社が何件も映っていましたが、うちの会社の部分はほんのわずかでした。
まぁ主役は会社ではなくてある海産物についてなので仕方がない部分もあるのですが、しかも取材の時に社長が30分位熱く語っていたのに社長が映ったのはほんの数秒…なんだかすごく皆で盛り上がって楽しみにしていたのに肩透かしを喰らった気分でした。
もちろん会社でもあまり話題に上がることはありませんでしたが、まぁ無料で全国に会社の名前を宣伝してもらえたのだから良しとしなきゃダメですね。
ただ一つ思ったのはやはりテレビは実物よりも太って見えるなぁと思いました。当社の工場長も映ったのですが実物は細いのにテレビだと太って見えました。ということはテレビで細いと思った人は実際は尚更細いと言う事ですよね!

子どもにはどういうお手伝いをしてもらってますか?

女の子ってお手伝い好きですよね。幼稚園でも先生から「おうちのお手伝いをたくさんしましょうね」とお話があるみたいで、うちの娘もしょっちゅう「お料理のお手伝いがしたい」って言ってます。
お手伝いをしてもらうことで私が助かるのなら良いんだけど、どう考えても手間が増えてるんです…。お手伝いをさせる準備をするのも面倒だし、包丁や火の近くは危ないし、目が離せないんです。危ないことをするとつい怒ってしまいます。ハッキリ言って私が全部やった方が早いしキレイなんですよね。
「急いで夕飯の準備をしなきゃ」って時に「お手伝いしたい」って言われると、「今日は急いでるからいいや」なんて答えてしまいます。
とは言え、本人のやる気が一番大事ですよね。近い将来の即戦力を育てるためにも、時間と心に余裕がある時は、お手伝いをお願いするようにしています。
最近、子供用の包丁を購入しました。プラスチック製なので手を切る心配がないし、柔らかい豆腐やソーセージくらいなら切れます。
料理の腕が上達して、母娘で楽しく料理が作れる日が待ち遠しいです。

コマーシャルって訴求だけが目的ではダメだと思う

最近炎上するCM多いなあと思う。リスクマネジメント云々よりも、商品の魅力を伝えるとだったり、ストーリー性のある内容で覚えてもらおうというのが前面に出すぎているような気がする。それと間逆の、一見何のCM?っていうようなのはむしろ心に残る。何のCMかわからないから気になって最後まで見てしまうし、何となく見るのではなく注視するから結果的に心を掴む。お金をかけなくてもインパクトで勝負してくるようなCMもある。なのに結構有名なメーカーさんでも炎上CMになることがある。ああいうのは、内部でだけしか話が進んでいないのかなと勘ぐってしまう。
自分がプロデューサーになったなら、コンテを数本用意してまず投票。できあがったものは社内での公開はもちろん、外部のモニターサイトなどでも評価してもらってから公開。作ってる側に回るとこれくらいしないと見る側の受け取り方まで想像してられないと思う。公開前のチェックにもお金はかけてほしいところだ。